毎年二月三日は、午後三時、三時半、四時、四時半の四回、
年男(女)の方々による豆まきを行います。



 季節の始まりを示す立春、立夏、立秋、立冬の前日はいずれも節分ですが、一年の区切りの意味もある立春前の節分に、年男(女)の方々の災厄を払う厄除祈祷祭が齋行されます。
 当日、社殿において年男(女)の方々により「鬼は外、福は内」の掛け声と共に豆まきが行われ、近隣の老若男女や子供たちが一年の無病息災を願って境内に集まります。





 年男(女)の方々が福豆を撒く度に、どよめきと共にたくさんの人たちの手が差し出され福をつかみ取ろうと賑わいます。



 節分祭には、神楽殿にて『天王太鼓つくも会』による太鼓演奏が行われます。和太鼓の響きの妙が披露され節分祭をいっそう盛り立てます。








二月三日 節分祭 ◆

午後三時、三時半、四時、四時半の四回、
年男(女)の方々による豆まきを行います。
年男(女)のお申込みは
神社、各町総代へお早めにお願いいたします。
(予定人員で締切とさせていただきます)








ページトップ