タイトル


平成十六年三月二十八日

入賞作 一等

 雁帰るあと棒立ちの水位計
京都府 竹貫示虹 様

入賞作 二等

 彼岸会やしみじみと掌を見つめをり
山梨県 三神道雄 様

入賞作 三等

 姉ひとり弟二人雛あられ
北海道 高杉杜詩花 様

入賞作 四等

 脱ぎすてし衣にもあり花疲れ
秋田県 小西良雄 様

入賞作 五等

 雑巾は母が形見よ水温む
埼玉県 長浜ちよ 様

倉橋羊村賞

 乾きたる谺二月の射撃場
千葉県 渡辺茫子 様

素盞雄神社賞

 一本の辛夷大樹の下に住む
福島県 斉藤 正 様



当日嘱目《境内の景を詠む》入選句 ■ 
 一位  焚き上げの煙は春の標にて
 二位  母の耳梅咲くたびに遠くなる
 三位  お焚上げ待つ神の庭初ざくら
 四位  初蝶やほどよき風をつかまえて
 五位  桃の風神木にある力瘤
 六位  桃まつり父はここより出征す
 七位  宮床几お茶一服の長閑なる
 八位  神木が神社の歴史桃香る
 九位  お焚上ぐ禰宜も火色もかぎろへり
 十位  ちはやぶる神によき日の桜かな
十一位  境内の人みな優し桃の花
十二位  風渡る飛鳥の杜に春動く
十三位  旅立ちの句碑に寄り添ふしだれ桃
十四位  足乳根の絵馬幹に下げ芽吹くかな
十五位  素盞雄の地虫の顔に長きひげ
十六位  芭蕉碑の花菜明かりに抱かるる
十七位  近寄れば色のこぼるるしだれ桃
十八位  菜の花や三里に灸する旅心
十九位  神木の頭をゆるしをり雀の子
二十位  凶神籖ひくや高きに桃の花




ページトップ