タイトル


平成十七年三月二十七日

入賞作 一等

 縦横に蜷のみちあり蜷を見ず
台東区 福田 弐郎 様 

入賞作 二等

 啓蟄の土の匂ひも千住かな
 小平市 清水 志郎 様 

入賞作 三等

 光りては初蝶のすぐ風となり
茨城県 野口 英二 様 

入賞作 四等

 桃の花あくび競へる乳児室
板橋区 畑 乃武子 様 

入賞作 五等

 花の種蒔くやもも組さくら組
荒川区 寺田千賀子 様 

落合水尾賞

 啓蟄の土の匂ひも千住かな
小平市 清水 志郎 様 

素盞雄神社賞

 再会の一粒涙あたたかし
埼玉県 原  霞  様 



当日嘱目《境内の景を詠む》入選句 ■ 
 一位  芭蕉碑を囲む菜の花明りかな
 二位  芽吹初む戦火のがれし大銀杏
 三位  役終し雛晴れやかな神楽殿
 四位  天水に映るひと枝桃日和
 五位  神域にちゃぼの砂浴びあたたかし
 六位  初燕正午の太鼓打ちにけり
 七位  焚上げの火の粉こぼして春の土
 八位  琴の音や野点の席に桃の花
 九位  桃の花ほど佳き風を懐に
 十位  ももの芽のほころぶ下のお焚上げ
十一位  桃観るにはせをと座る心地なり
十二位  琴の音や一句思案の桃眺む
十三位  柳絮とぶ風筋ひかる宮のうち
十四位  桃の花お宮参りの袖ふるる
十五位  蕉翁の旅立ちし地や草萌ゆる
十六位  素盞雄に孤高の色香桃咲けり
十七位  お焚き上げ春日浴びつつ若き禰宜
十八位  お焚き上げ桃の蕾をふくらませ
十九位  陽炎や矢立初めの太鼓鳴り
二十位  神鏡はわれも映してあたたかし



ページトップ