タイトル


平成十九年三月二十五日

【大 賞】

 卒業生校歌の山に登りけり
三重県 横山 茂子 様

【荒川区長賞】

 猪撃ちしあと漢らの寡黙なる
千葉県 渡辺 茫子 様

【東京都俳句人連盟賞】

 船溜り縫って佃の残り鴨
埼玉県 佐藤 照美 様

【東京商工会議所荒川支部会長賞】

 話また昭和にもどる女正月
三重県 横山 茂子 様

【荒川観光協議会会長賞】

 忰んで黒ネクタイのやや長め
足立区 水本 博人 様

素盞雄神社賞

 買い足して雛段に雛余しけり
北海道 高杉 杜詩花 様

星野高士講師賞

 岐れても又寒林の径となり
青梅市 伊藤 さつき 様



当日嘱目《境内の景を詠む》入選句 ■ 
 一位   産土の神の雛段にぎあへり
 二位   神域の明るくなりし桃まつり
 三位   菜の花やつぶやきほどの雨しづく
 四位   花桃や母の祷りの絵馬に降る
 五位   倖せは気づかぬままよ桃の花
 六位   芭蕉碑を囲む大樹の芽吹きけり
 七位   桃咲くやをの子めの子の宮参り
 八位   素盞雄の桃は疾風にたじろがず
 九位   惜春や雨に咽びて矢立の地
 十位   やわらかき目差こぼれ古き雛
十一位   古雛我も鏡の中に入る
十二位   枝垂桃大き雫となりにけり
十三位   透明な傘の中まで桃の花
十四位   桃の花お宮参りの袖ぬらす
十五位   琴の音のいよよ佳境に桃まつり
十六位   芽吹き雨飛鳥の杜のけぶらへり
十七位   花の雨墨田に煙る橋いくつ
十八位   春塵を洗ひ翁の雨上る
十九位   明るくて暗くて雨の桃の花
二十位   お焚上げ煙やわらか春の雨



ページトップ