タイトル 祝 文化財登録 氏子みんながタイトルホルダー
天王祭 祝 荒川区無形民族文化財登録イラスト

 勇壮な神輿振りを支える長柄四間半(8.1m)の二天棒。昭和26年製作の担ぎ棒が、この度修繕を終え、御神幸祭(本祭)を迎えました。
 当社は、先の大戦空襲により御本殿・神輿庫を除く諸建造物が灰燼に帰し、担ぎ棒も焼失しました。未だ連合国軍占領下の昭和26年。昭和12年以来途絶えていた宮神輿の渡御が14年ぶりに行われる戦後第一回の天王祭・御神幸祭に際し、現在の担ぎ棒が篤志の宮元有志により御奉納されました。
 修繕を担当した神輿店によると、「現在で同等材での製作は困難」な程の素晴らしい国産ヒノキが用いられ、「都内でもこれ程良材の担ぎ棒は残っておらず、後世に自慢できる財産」と高い評価を受ける逸品です。
 戦後間もないときに、斯様にも優れた材を求め、御祭禮の再開・地域伝統文化の復興・継承に御尽力された先人たち。また、それを見て受け継ぎ語り継ぎ、それぞれの代における大・中・小 3基宮神輿の調製修繕と、今般の「もみ綱」新調。《受から授・私から公》へと成長変化し、無数の【過去の今】の蓄積が【現在の今】となり、平成30年1月に荒川区無形民俗文化財登録となりました。
 千貫神輿・神輿振り。威勢のいい若者だけが対象ではありません。掛け声・手拍子のお爺さんお婆さん、山車を曳くお子さんたち、割烹着姿の婦人部や交通整理に徹してくださる方々……。老若男女の区別なく、先人たちと共に、氏子みんながタイトルホルダー(文化財保持者)です。

写真タイトル:平成29年6月3日 天王祭 御本社大神輿担ぎ棒修繕完成奉告 写真タイトル:平成29年9月15日 飛鳥祭 御本社大神輿もみ綱新調奉告


タイトル:御本社大神輿修繕完成船渡御 (昭和63年)

千葉県行徳の浅子神輿店で大修繕を終え、大神輿を載せた御座船を先頭に十数艘の船団を率いて30数キロにわたる船渡御を古式ゆかしく斎行いたしました。東京湾を経て隅田川を上り、千住大橋付近では浦安の舞を奉奏ののち、大型クレーンで神輿を引き揚げ陸路につきました。


タイトル:鳳車修繕完成引き取り式 (平成2年)

大正14年調製の鳳車の修繕を日光社寺文化財保存会に依頼し、日光東照宮等を手掛ける名匠名工たちの手により『動く陽明門』と評される見事な修復が成されました。修繕完了に際し、日光東照宮御神前において御禮の神輿振りを奉納いたしました。



勇壮な神輿振りはこちらから 
ご覧いただけます 
タイトル御本社神輿巡行案内



ページトップ