六月の神事
十二月の神事

 我が国古来の信仰である神道では、人は生まれながらにして浄明正直の神様の心をもっていると考えます。
 大祓(おおはらい)とは6月と12月に斉行される罪穢(つみけがれ)を祓い清める神事で、前者を『夏越しの祓』、後者を『年越しの祓』と言い、私たちが生活している間に、知らず知らずに罪を犯し、穢れに触れ、本来の心から遠ざかって行くことを形代によって祓い清めます。


   
千住大橋上流に御座舟(神事を行う船)を浮かべ斎行します。


 形代に氏名年齢を書き込み、『浄く明るく正しく直く』と祈念し、息を吹きかけ身を撫で、罪穢れをそれに写し、我が身の代わりとして神社にお納め下さい。神事を斉行し、大川に流し去ります。
特殊な紙を使用した    
素盞雄神社独自の形代です。


一体一体流される形代 
川面に浮かぶ形代   


かたしろに さらばさらばを する子かな
一茶




 茅の輪(ちのわ)は罪穢や、疫病を祓うものです。
 神代の昔、素盞雄命(すさのおのみこと)が、蘇民将来(そみんしょうらい)に小さい茅の輪を腰につけさせ疫病除けとしたことが起源で、この故事により6月晦日の大祓式《茅の輪くぐり》の神事が行われています。


母のぶん もひとつくぐる 茅の輪かな


《茅の輪守》
この茅の輪守は病難除け・災難除けとして神棚または玄関等の出入口におさげ下さい。




   
 清々しく祓い清めて 新しい春を迎えます。
大晦日に大祓式を斎行し、浄火により焚き清めます。


 形代正面に氏名年齢を書き、息を吹きかけ身体を撫で、罪や穢・悪しきこと諸々を自分の身代わりとして負わせて神社に納めます。


年越しの 師走の祓する人は
 延寿の春を招ぶというなり





ページトップ