素盞雄神社

七五三

素盞嗚神社

七五三は、子どもの厄を祓い、健やかな成長を祝う人生儀礼です。

五歳の男児、三歳と七歳の女児が11月15日に家族で神社に参拝し、子どもの無事成長を感謝するとともに、これからの健康で幸せな人生を祈願します。本来は数え年で行いますが、今日では満年齢で行う方が多くなりました。


子どもの成長に合わせて行われる感謝と祈りの人生儀礼。昔から、その土地土地に対象年齢や呼び方も異なる行事がありましたが、公家や武家の風習の影響を受け、次第にその形も一定化していきます。

現代の七五三の原型であると考えられているその風習に、3歳の「髪置の儀(かみおきのぎ)」、5歳の「袴着の儀(はかまぎのぎ)」、7歳の「帯解の儀(おびときのぎ)」があります。「髪置」では、男女ともにそれまで剃っていた頭髪をこの日を境に伸ばし始めていました。そして、男児は「袴着」で大人と同じ袴を着始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から大人と同じ帯でしめる着物にかえました。まさに、七五三を終えて一人前として扱われるようになったのです。


また、七五三は本来11月15日に参拝を行うものでした。その由来には諸説ありますが、11月は農作業も終わり、その収穫を感謝する月。その望日(もちのひ:満月に当る日のこと)である15日は、大切な子どもの成長を祈るにふさわしい吉日だったのです。

当社では、10月1日より11月30日の間、七五三詣を受付斎行致します。

御参拝について

参拝期間

七五三詣は10月1日より11月30日の間、受付斎行致します。
上記日程外の場合はお問合せください。

受付時間

土・日・祝日:
午前9時から午後2時半(10・11月中)
御祈祷は随時斎行致します。
平日:
午前9時から午後2時前
御祈祷は概ね下記の時刻に開始致します。
9時半・10時・11時・12時・13時・14時
※受付は各回15分前までにお済ませください。

お申し込み

御予約の必要はありません。御参拝の当日、参集殿で受付を致します。
なお、神社行事・団体参拝等でお受けできない場合・長くお待ちいただく場合もありますので、事前の電話確認をお勧めいたします。お問合せ

初穂料・授与品

初穂料は5,000円より申し受けます。
名入れの御神札七五三御守を授与致します。
なお、初穂料10,000円以上の方には御祝のお子様の名入れ提灯もしくはつまみかんざしを授与致します。

《名入れ提灯》

職人の手書きによる名入れ提灯です。御参拝の10日前までに提灯をお申し込みの方には御参拝の当日にお渡しができますので、事前にお問合せください。当日受付の方は後日郵送となります。

名入れ提灯

大きさ:直径約12cm、高さ約25cm

提灯を御参拝前に申し込まれる方は、事前に電話連絡のうえ、こちらの用紙をファックス送信ねがいます。

《つまみかんざし》

御参拝の10日前までにつまみかんざしをお申し込みの方には、御祝のお子様の名入れ札をお付けして御参拝3日前よりお渡しができます。御希望の方は事前にお問合せください。
当日受付の方は名入れ無しでお渡しできますが、伝統工芸の職人による手作りのため、数に限りがございます。なるべく事前お早目のお申し込みをお勧めいたします。

べに色のつまみかんざし
もも色のつまみかんざし

荒川区指定無形文化財保持者 戸村絹代氏謹製

花びらは羽二重生地を用い「変わり剣つまみ」(先代・戸村ひで氏実用新案登録)の技法を使用

名入れ札と髪留め部分のクローズアップ画像

(羽二重生地の色味は写真と異なる場合があります)

つまみかんざしを御参拝前に申し込まれる方は、事前に電話連絡のうえ、こちらの用紙をファックス送信ねがいます。

貸衣装について

とみをかや衣裳店を御紹介致します。

七五三パック
三 歳 五 歳 七 歳
衣裳(被布)
着付・ヘア・メイク
32,000円(税抜)〜
衣裳(羽織・袴)
着付・ヘア
35,000円(税抜)〜
衣裳(着物)
着付・ヘア・メイク
40,000円(税抜)〜

※ 各衣裳に和装小物は含まれておりません。

※ 肩揚げ、腰揚げ料が別途掛かります。(一箇所:税抜1000円)

※ 七歳用の髪飾りの御用意もございます。(別料金)


お問合せ

フェリーチェヴィータ銀座店

中央区銀座1-3-13 オーブプレミア9階

電話:03-5579-9302  URL:http://www.dress.co.jp

※お問合せの際に当社で御参拝予定の旨お伝えください

お知らせ

写真室は平成30年6月を以て閉室いたしました。

メニュー