素盞雄神社

七五三

素盞嗚神社

七五三は、子どもの厄を祓い、健やかな成長を祝う人生儀礼です。

五歳の男児、三歳と七歳の女児が11月15日に家族で神社に参拝し、子どもの無事成長を感謝するとともに、これからの健康で幸せな人生を祈願します。本来は数え年で行いますが、今日では満年齢で行う方が多くなりました。

子どもの成長に合わせて行われる感謝と祈りの人生儀礼。昔から、その土地土地に対象年齢や呼び方も異なる行事がありましたが、公家や武家の風習の影響を受け、次第にその形も一定化していきます。

続きを見る

現代の七五三の原型であると考えられているその風習に、三歳の「髪置の儀(かみおきのぎ)」、五歳の「袴着の儀(はかまぎのぎ)」、七歳の「帯解の儀(おびときのぎ)」があります。「髪置」では、男女ともにそれまで剃っていた頭髪をこの日を境に伸ばし始めていました。そして、男児は「袴着」で大人と同じ袴を着始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から大人と同じ帯でしめる着物にかえました。まさに、七五三を終えて一人前として扱われるようになったのです。

また、七五三は本来11月15日に参拝を行うものでした。その由来には諸説ありますが、11月は農作業も終わり、その収穫を感謝する月。その望日(もちのひ:満月に当る日のこと)である15日は、大切な子どもの成長を祈るにふさわしい吉日だったのです。

御参拝について

【お知らせ】令和4年の御案内について

新型コロナウイルス感染症予防・拡大防止対策のため、受付・お申込み方法等、例年と御案内の内容が異なります。日ごとに成長著しいお子さまの、その時にしかできない御祝のお参り。健やかな成長を感謝し祈るお参りが、安全・安心な環境で執り行えますよう、御理解御協力のほどお願い申し上げます。



参拝期間

※感染症対策のため従前とご案内が異なります(令和4年8月/記)

七五三詣は9月1日より12月4日(第一日曜)の間、斎行いたします。

受付・お申し込み方法

※感染症対策のため従前とご案内が異なります(令和4年8月/記)

御参拝時(御神前・控室)の「密」を防ぐため、一回の御祈祷での人数(件数)を大幅に抑えての御案内となります。御予約無しでの当日の受付も承りますが、御予約の方を優先のため、お待ち時間が長くなることが予想されます。また、神社行事・団体参拝等でお受けできない場合もございますので、事前の御予約お申し込みを御案内申し上げます。

御神前の写真

御神前や控室では御家族単位でお席を寄せ、お隣りの御家族との距離を確保いたします(状況により、御神前では一部廻廊(外廊下)のお席を御案内する場合があります)。

≪お申し込み方法≫

事前の御予約は、御参拝希望日の前々日15時までに当社必着「所定の申込書を記入しFAX・郵送・来社ご持参」もしくは「Web申込フォームからデータ送信」にて申し受け、当社からの参拝日時確定連絡(電話もしくはメール)を以て申込完了となります。

事前予約締切以降は、御参拝当日に御来社にてお受けいたします(但し、神社行事・団体参拝等でお受けできない場合もございますので、事前予約締切以降は、電話での受付状況の確認をお勧めいたします)。

  • 「15時までに申込書受領→翌日」「15時以降の申込書受領→翌々日」までに当社からの参拝日時確定連絡がない場合は、お電話にて御一報ねがいます。
  • お電話での御予約、ならびに御来社申込時の参拝日時確定はご容赦ねがいます。

【PDF】参拝申込書はこちらから  


【Web】参拝申込フォームはこちらから

令和4年七五三詣のご案内(一覧)

【平日ならびに9/1~10/9の土日祝日の御案内】
  • 御祈祷は概ね下記の時刻を予定いたしております。
    ①9時半 ②10時 ③11時 ④12時 ⑤13時 ⑥14時 (⑦15時)
    ※15時の回は10・11月のみ
    ※受付は各回15分前までにお済ませください。

  • 御昇殿人数
    お付添御家族の人数は定めません(但し、大勢の際は御希望に添えない場合もございますので御相談ねがいます)。

【10/10以降の土日祝日の御案内】

御祈祷は開始時刻を定めず随時斎行いたしますが、受付や控室の混雑を避けるため、受付に御来社いただく時間帯を下記①~⑨の区分にて申し受けます。この御予約は、御来社いただく時間帯をあらかじめお約束することにより、控室でのお待ち時間を短くするためのものです。


  • 時間帯予約(御来社いただく時間帯)
    1. 8:50~9:10
    2. 9:30~9:50
    3. 10:10~10:30
    4. 10:50~11:10
    5. 11:30~11:50
    6. 12:10~12:30
    7. 12:50~13:10
    8. 13:30~13:50
    9. 14:10~14:30

    ※御祈祷開始時刻はお約束いたしかねます。
    ※お約束の時間帯を過ぎて御来社された場合は、当日受付(予約無し)と同じ御対応になります。ゆとりをもった時間設定をお勧めいたします。

  • 御昇殿人数
    お祝いのお子様と、その兄弟姉妹を除く御家族6名様まで。

初穂料・授与品

初穂料は5,000円より申し受けます。
名入れの御神札七五三御守を授与いたします。
なお、初穂料10,000円以上の方には御祝のお子様の名入れ提灯もしくはつまみかんざしを授与いたします。

《名入れ提灯》

職人の手書きによる名入れ提灯です。御参拝の10日前までに提灯をお申し込みの方には御参拝の当日にお渡しができますので、事前にお問合せください。当日受付の方は後日郵送となります。

名入れ提灯

大きさ:直径約12cm、高さ約25cm

《つまみかんざし》

御参拝の10日前までにつまみかんざしをお申し込みの方には、御祝のお子様の名入れ札をお付けして御参拝3日前よりお渡しができます。御希望の方は事前にお問合せください。
当日受付の方は名入れ無しでお渡しできますが、伝統工芸の職人による手作りのため、数に限りがございます。なるべく事前お早目のお申し込みをお勧めいたします。

べに色のつまみかんざし/もも色のつまみかんざし

荒川区指定無形文化財保持者 戸村絹代氏謹製

名入れ札と髪留め部分のクローズアップ画像

・生地は羽二重を使用しています
・およその大きさ:一番大きな花の直径4cm程度、下がり7~8cm
・色味や形、大きさはHP上と異なる場合があります

その他 特記事項

御参拝の前に下記のリンク先から注意事項を御確認ねがいます。

感染症対策について
感染症対策について

貸衣装について

とみをかや衣裳店を御紹介いたします。御希望の方はお電話にて当社にお問合せねがいます。

【御参拝当日の流れ・衣装返却について】

浅草ビューホテル内でお支度→移動(御参拝者ご自身でご手配)→御参拝→お支度のまま御帰宅(御会食時に御着用のままでも結構です)→御参拝の翌日12時までに当社受付に衣装返却

七五三パック
三 歳 五 歳 七 歳
衣裳(被布)
着付・ヘア・メイク
32,000円(税抜)
衣裳(羽織・袴)
着付・ヘア
35,000円(税抜)
衣裳(着物)
着付・ヘア・メイク
40,000円(税抜)

※ 各衣裳に和装小物は含まれておりません。

※ 肩揚げ、腰揚げ料が別途掛かります。(一箇所:税抜1000円)

※ 七歳用の髪飾りの御用意もございます。(別料金)


お知らせ

写真室はございません。御参拝者手配のカメラマンによる撮影は、当社で七五三詣の御祈祷(昇殿参拝)をお受けになられた方に限り、境内でのみ結構です(天候に関わらず参集殿にはお入りいただけません)。周囲で御参拝の皆様に十分配慮いただき(撮影時の御参拝者間のトラブルについては当社は責任を負いかねます)、御神前を覗き込む撮影や、式の進行を妨げるような撮影は固くご遠慮ねがいます。なお、カメラマンの境内駐車場所はございません。

メニュー